成田空港へのアクセス

日本の海外へ、そして海外からの玄関口、成田空港。人によっては時々使うくらい。または行ったことことがない方もいるかもしれません。フライトで絶対に遅刻は許されない。成田空港へのアクセス方法や成田空港近くの駐車場などは必ず知っていなければならないことです。ここではその手段と方法を紹介していきます。

電車で行く場合

成田空港へ電車で行く場合、第一ターミナル及び第二ターミナルには5本の路線が直結しています。まず第一に京成スカイライナー。
京成上野、日暮里から乗車でき、開放感のある客室、広がりのあるデッキ、くつろぎのシート、荷物スペース、洗面所、多機能トイレがあるのが特徴です。

次にアクセス特急。都営地下鉄浅草線の西馬込や京浜急行線の羽田空港から成田空港まで直通運転を行うため、都心から成田空港へ行きたい方は何かと便利です。京成本線、さまざまな駅から乗れるので便利ですが時間はその分かかります。
田エクスプレスは埼玉県の大宮、神奈川県の大船、横浜も含め都内の所要な駅に止まりながらトイレやWi-Fi設備も充実しています。最後はJR線。皆さんご存知のJRも通っています。

バスで行く方法

関東エリアとその周辺。遠くからであれば大阪、京都からバスが通っています。THEアクセス成田、リムジンバス、東京シャトルなどがあげられます。成田空港までは最も安く行ける可能性のある方法ですが予約をしたり、渋滞の可能性もあったり、その分時間を早く見積もって乗るのが正解です。ただ飛行機という金額の高い手段を使う以上安く抑えられるのは大変魅力的。特に遠方からアクセスしなければいけない方にとって大変魅力的ともいえます。選択肢としてバスという方法を選ぶのも全然ありだと思います。しかし、バスというと時間に遅れるイメージがあるかもしれませんが、今は渋滞している道を回避するための情報がしっかりしているので、おおむね想定の時間内に到着しているようです。

車で行く場合

東関東自動車道から新空港自動車道(有料道路)を使う方法。そして、下道で国道51号線から国道295号線(空港通り)を経由し、成田スマートIC(有料)に向かう方法があります。首都高を使う方法も考えられるので上級者向けの方法といえるかもしれません。渋滞の可能性もあり道を間違える可能性もあります。
自家用車の場合、旅行中は成田空港近くの駐車場や空港内の駐車場に、車を停めておかなくてはいけないなど、さまざまな可能性を考慮して計画を立てる必要があります。
しかし、帰国する方や渡航してきた方を迎えに行く場合は、大変喜ばれる方法です。
成田空港はターミナル前で停車して待つことはできず、専用の駐車場を使うことになりますが、2~3時間で1000円と比較的安く止められるためフライト疲れや時差ボケで帰ってきた方には、この方法で乗せていくのが一番楽かもしれません。

コメントは停止中です。